レース編み

アンティークスタイルのドイリー編み図とレース編み編み方

更新日:

レース編み無料編み図と編み方、今回はアンティークスタイルのドイリーのご紹介です。

丸いドイリーとは違った珍しい形ですですが、花を編む、花の周りに枠を編む、そのあと、ドイリー本体を編んで、縁編みを編むだけで、比較的簡単に編めるパターンです。

スポンサーリンク




 アンティークスタイルのドイリー

海外にあるカラフルなドイリーのパターン、古くからあるパターンの一つです。

元々は、40番などの細い糸で編まれていたものだと思われます。

外形のラインと、丸型でない形が面白いので、20番などの太い糸で編めるように作ってみました。

慣れないうちはどのパターンも目数を間違えやすいのは、どのパターンでも同じですが、慣れてくれば数時間でも編めます。

編み図のインデックス

無料編み図のインデックスはこちら

レース編み・かぎ針編み無料編み図一覧

アンティークドイリーの編み方

道具と材料からです。

道具と材料

・20番レース糸 ピンク(ほかお好みの色の糸)、緑少々、ベージュ

・レース編み編み針 0~2号

・とじ針 はさみ

レース編みの前提ですが、同程度の極細毛糸や、綿糸でも可能だと思います。

当作品においては、トーカイで販売されているソフティー他を主に使用しています。

出来上がりサイズ

約19センチ角

アンティークドイリーの編み方概要

編み方の概要です

  1. ピンクの色糸で中央の花を編む
  2. 花の周りに緑の糸で枠を編む
  3. ベージュの糸で中長編みと鎖編みでドイリーを編む
  4. 花の色と同色でピコットを入れた縁編みを編む

使用する編み目記号一覧

1.中央の花の編み図

アイリッシュのローズモチーフの編み方で、花モチーフ3段を編みます。

花弁の数は8枚です。

 の記号は、「裏引き上げ編みの細編み」、前段の細編みの裏側に、細編みを編みます。

フラットな花にしたい時は、花びらの裏側に編んでもできます。

2.花の周りに緑の枠を編む

花の中央に当たる目に細編みで糸をつけて編み進んでください。

3.緑の糸の周りにフラットな本体を編む

緑色の角、二つ目の葉と葉の間のスペースに、糸をつけ、生成りのフラットな部分を花の周りにぐるっと編んでいきます。

目数を間違えやすい部分なので、途中で時々数えながら編み進みます。

4.縁編みを編む

花と同じ色で、ピコットを含む縁編みを編んだら出来上がりです。

このドイリーの編み図は、有料に移行しました。

有料記事は下のサイトで販売します。

https://note.com/amiizu/n/nce23dea1cc2b

カラーバリエーション

他の色で編んでお揃いに。黄色も上品でおすすめですよ。

ブルーも涼し気でまた感じが変わりますね。

最初の頃は花を4段で編んでいましたが、今は3段です。

アップ画像です。

慣れればかなり簡単に編めますので、お手持ちのもいろいろな色で編んでみてくださいね。

それでは、皆様も編み物をお楽しみください。







-レース編み
-,

Copyright© あみーず , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.