かぎ針編み

マフラーにチクチクしないおすすめの毛糸と「花いっぱいのマフラー」編み方

更新日:

マフラーを編むのならチクチクしない毛糸を使いたいですよね。

せっかくマフラーを編んだのに、出来上がって首に巻いてみたらチクチクしてがっかり、ということはありませんか。

ネットでマフラーを販売していた時に、何とかチクチクしない毛糸を探し当てました!

以前編んでいた、花いっぱいのマフラーと、その作り方も一緒にご紹介します。

スポンサーリンク




マフラーにチクチクしない毛糸とは

[toc]

以前マフラーをネットで販売していたことがあります。

地は棒針編みのゴム編みという、いたってオーソドックスな編み方だったのですが、販売の際には、どのような体質の方が使われるのか、売る方はわかりません。

せっかく買っていただいたのに、身に付けられないということでは困ります。

なので、絶対にチクチクしない毛糸を探さなくてはなりませんでした。

ウール100%の毛糸はチクチクする

一般的にウール100%の毛糸は素肌に触れると、ほとんどのものがチクチクします。

ある程度、値段の高いものを選んだとしても、避けられません。

人にも依りますが、「メリノ」や「天然素材」であっても、まずチクチクを疑ってください。

チクチクが避けられるのは、私の知る限りは下の2つです。

おすすめはカシミヤの毛糸

一番は、カシミア系の毛糸。

いわゆる「ぬめり感のある」と言われる、とろんとして柔らかい手触りの毛糸です。
細めの毛糸が多いので、薄手の仕上がりになります。

価格は高めで、良いものは1玉が2000円くらいしますが、ちゃんと作るならおすすめですね。

プレゼントならまず間違いないです。

 

ヨコタの「やわらかラム」はチクチクしない

ただ、これだと、編み上げて販売する場合には、下手をすると数万円という価格になってしまい、誰も買おうとはしなくなってしまいます。

あまり価格の高いものだと、赤ちゃん向きというわけにもいきませんね、

というわけで、別に探し当てたのが、逆に子供向きと言われる毛糸でした。

なので、カシミアに似たような手触りのもの、といってもあくまで「似たような」ですが、この毛糸を、やっと探し当てました。

【ダルマ】やわらかラム概要

【ダルマ】やわらかラム
品質:アクリル60% 毛40%(ラムウール)
重さ・糸長:30g玉 約103m
参考使用針:
棒針 4~6号
かぎ針 5/0~6/0号

標準ゲージ:
棒針(メリヤス編み)22~23目 30~32段

売り物なので、黒と白しか使わないのですが、この糸は、とにかく色が豊富で、発色がきれい。

全部でなんと31色あります!

これで本体を編んだ場合は、まず、クレームが来たことはありません。

アクリル婚ですので、ウールより重厚感はありませんが、手触りは、軽くてふわふわです。

この毛糸で本体を編んだのが下のマフラーです。

こちらのマフラーの詳しい編み方情報については、こちらの記事にご説明しています。

花いっぱいのマフラー 棒針編み本体にかぎ針編みのモチーフ 編み方のコツ【作品紹介】







-かぎ針編み
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© あみーず , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.