無料編み図

チューリップの連続模様のモチーフ 太い糸ですぐ編める

更新日:

チューリップの花の連続模様のモチーフを編みました。

ペットボトルが入る大きさにして、ペンスタンドと編み針スタンド、小物入れ、お好きなサイズで、コットン綿糸でも毛糸でも応用でき、太い糸で編むのですぐできる簡単な編み方をお知らせします。

スポンサーリンク




チューリップの連続模様のモチーフ

以前から編んでみたいと思っていた連続模様のモチーフです。

ガラス瓶やペットボトルなど円形の容器が入れて、ペンスタンドや、編み針入れにするように作ることにしました。

もちろん、他のモチーフに何でも応用できると思います。

無料編み図インデックス

チューリップの連続モチーフの編み方の概要

元々の編み方は、細編みが多いのですが、細編みだと段数が多く時間がかかることになるので、長編みでぐるっと丸く編みます。

円筒形に編むには、まず底の部分を編み、そのあと長編みで側面を続けます。

編み方は特に難しいことはありませんが、このあとお知らせする編み図の模様を入れるためには、底面の最後の段と、そこに続ける側面の目数を同じ4の倍数にする必要があります。

使用した材料

材料は、綿の糸、一部はセリアで売られていたエンジェルコットンですが、地色は、コットンニートで、ほぼ同じ太さですね。

他にもコットン糸の並太、または、5号針で編めるほどの太さの糸なら、何でも使えます。

色数がたくさんありますので、選んでくださいね。

 

チューリップの連続模様の編み方

 

  1. くさり編みを編んだ上に、長編みを編みます。
  2. 緑の色で葉の部分をV字型になるように編みます。
  3. そのあとで、ピンクの色糸に変えて、長編み3目1度を編みます。
  4. チューリップの花の上に、地色と同じ数になるように、所定の位置に長編みを編みます。

長編みは、高さに合わせて、花の色とのバランスを見て、段数を決めてください。

最初の写真だと、下の方は3段、それ以外は2段です。

 

チューリップの連続模様の編み図

最初に底を編んで、その後側面を続けて編みます。

段数は加減してください。

底の部分の編み図

 

側面の編み図

黒い色の編み目記号はオフホワイトの地色、ピンクは花の色、緑は葉の色の部分で糸を変えて編みます。

参考作品

左側は小物入れです。

こちらは、大きな2リットルの炭酸水の入ったペットボトルの底部分を切って、そのサイズで編んでいます。

縁は、色糸でピコットを入れてもいいですが、前段の細編みに、「引き抜き編み くさり1目 次の目に引き抜き編み~」の繰り返しで編んでいます。もちろんバック細編みでもきれいに仕上がると思います。

目数を調整して、お好きなサイズで様々な容器に応用して飾ってみてくださいね。

ペットボトルにかぶせる場合は、グルーガンを使うときれいに固定できます。







-無料編み図

Copyright© あみーず , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.